気になる字名「水取金塊」

私が小さい頃育った諸田、徳和瀬、気になる字名があったので紹介します。それは水取金塊です、最初は素直にミズトリキンカイと読んでいましたが、県の総字図を見るとフリガナがあり、「ミズトリカネタマシイ」と意味深な呼び名、これは製鉄に関係があると思い最近調べています。字図で色を付けた部分がシキント墓これまた何かありそうと気になり先日金属探知機を持って調べに行きました。すると墓の内側は全体的に非鉄金属に反応があり周りは反応がありませんでした。私的には鉄斎で出来た小山じゃないかと疑いを持っています。この水取金塊の隣の字名が有名なシロマヤシキでなんと鍛冶場が何か所も記録されてる、一応小字図を紹介します。

さて、金属探知機に反応があるのでさらに調査したい所ですが、なにせ墓地勝手に掘る訳にもいかず、どうするか思案中です。通路部分を土のサンプル調査なら問題ないと思うが土のサンプルを取る道具が無い、ゴルフの穴あけでは無理そうだし、大き目のドリルで部分的に土のサンプル取る分には良いかと思うけど道具が無い、、この辺が問題、

 

 

カテゴリー: ミステリー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)