山のフィールワーク

昨日は何か所か山の各地に行って来ました、回って見て山の印象は水の都、山と言う感じ
全て回ってないが、泉が多い、、ココも未だ表に出てない歴史が有りそう、、
私は直接の担当じゃないので、面白そうな物が出たら行く事に、、

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

3 Responses to 山のフィールワーク

  1. シッチー のコメント:

    湧水があるところに文明あり ですね。
     そして水が枯れることがないように 祭祀の跡も存在するのでしょうね。

  2. isamu のコメント:

    シッチー さん、久しぶりです。昨日半日動いただけで、疲労が、
    やはり、本格的な調査は冬に限ります。

    徳之島の場合湧水単位で方言が変わります。同じ水を飲む人は
    同じ単語を使う、同じ方言でも微妙にイントネーションが変わる、、
    湧水は本当に基準ですね。

  3. 暇人 のコメント:

    鹿児島県の自然保護推進員、希少野生動植物保護推進員、徳之島地区自然保護協議会メンバー等々をやめたので、その地域へ・・・・・・・・私に依頼しても無理ですので!!

    まあ年末まで・・・・・・・・・・・・・・・・(此記述したら暇人が激怒したのを何故保護系と違う云々で大問題になる!!・・・・暇人が突っ込みを徳之島地区や鹿児島県に入れたならば!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)