ウンブキ2

今日何気に天城町の協力隊のブログを見ると以下のように書いてありました。

「ウンブキ」は方言で「海の谷、洞窟」を示すそうです。

え、、初耳、、私が聞いた話では台風等の時海から潮が噴き上げる
からウンブキと呼ばれると聞いた記憶があるけど、

暇人さんの叔父からの情報では、ウンブキは海の音が聞こえる
コウブキは川の音が聞こえるらしい、

フキ、ブキは崖の意味が方言にあります。

どちらが正しいのか、私も天城町の事なので余り自信は無い、
洞窟だと方言ではエーミィとか言うけど、、
因みに道を挟んでコーブキと言うのも在るがあちらはどうなってるか
気になる所です。

あ、余談ですが、伊仙町「検副」の地名は英語から来てるかも
cave in 方言でも同じ発音で穴八幡(銀竜洞)の洞窟を指す、
通常あの程度の洞窟はケープと言うのでまさにケープに入る
検副の海岸にイギリス船が難破してるので、可能性があります。

さらに余談ですが、銀竜洞に行く途中にトラグスクの地名があります。
以前義先生は寅を飼ってたからの説明その後グスクドラから来てるに訂正

私的には、上の外国人の説で、モーゼ五書(トーラー)からと想像、
トーラーとは聖書が書かれた巻物の事(トラの巻き)から
トーラーグスクと想像を、、

こういう想像は楽しい、正解が無い限り自由に想像ができる、、

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ウンブキ2 への2件のフィードバック

  1. 暇人 のコメント:

    ウンブキの放送翌日埼玉在住の叔父から問合せがあり、話の途中ウンブキ、コンブキ(コーブキ?)が出て、叔父に其れのウンブキだと言うと理解しました。(昭和14年生)
    ウンブキの名称のいわれを聞いたが(酔っ払いながら聞いたので覚えてません。後日確認します)

  2. 島人 のコメント:

    方言を単純に考えれば、「 ウンブキ 」は海(潮)の吹く場所でダメですか?
    えらぶでは「 フーチャ 」という台風時に潮を噴きだす場所が有りますよね。
    島が違う事によって方言も大きく違うので理解はできませんが、何となく同じ意味合いだろうと想像します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)