昨日は写真展の

打ち上げを兼ねて、軽く食事会を、ココで先日の会終了後の映画の話になって、
ドキュメンタリー映画?風の映像でしたが、若干問題が、進行役の人が私は奄美のノロと名乗り、
何気に、アムト神と言った、、え、、何処の話という感じ、先日から調べてるとおり
アムトに関しては面縄を中心とした、徳之島だけの神、その意味すら
はっきり分からないのに、映画でアムトが登場、、しかも、奄美の
映像の良い所撮りなので、何処が舞台か分からない、

大体、ノロは沖縄、徳之島、奄美で共通だけど、
アムトは徳之島のみそこから考えるのに、もしドキュメントとして
発表したら、どうなるか、、ドキュメントして作るなら、
もう少し調べて、作って欲しいものです。
先日の文化財保護審議会の時は時間が無くて、サッサと帰ってきたけど、
どうも気になり担当者に電話、大体の話を聞いたので、
後日この監督に会うときは注意しようと思っています。

まぁ、この辺以外の人から見ると沖縄、奄美は同じと思うかもしれないけど、
少なくとも徳之島は沖縄とも奄美とも違う部分が多いので、
安易な制作は後々歴史にゆがみが生まれる。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)