月別アーカイブ: 2013年3月

失われた秋利神線刻画

衛星画像中央付近が採石所 以前秋利神採石場から見つかった線刻画の噂を聞き尋ねるもすでに遅く何処へ行ったか解らないと唯一残ってるのが下の写真一枚のみこの事実を知る人は少ないのでここに記録しておきます。    担当者が作業中 … 続きを読む

カテゴリー: ミステリー, 歴 史 | 1件のコメント

見失った母間線刻画  

昭和60年頃、徳富先生の案内で母間線刻画に行った、思い起こせば、その時の状況はコンクリートで舗装された道を上ったが、道の両脇からは八丈ススキが道をふさぎ、先が見えない状態でジープでかき分けながら進み、しばらく行った所で止 … 続きを読む

カテゴリー: ミステリー, 歴 史 | 2件のコメント

徳之島の鍛冶その③

  南区の鍛冶跡私はこの鍛冶の存在つい最近知りました。町担当の方に案内してもらい身近にこんな鍛冶跡があるのにビックリでした。左の細い階段を上りさらにそこから少し上に行くと鍛冶跡があります。道から約5メートル程の … 続きを読む

カテゴリー: 歴 史 | 2件のコメント

徳之島の鍛冶その②

天城町松原にショウクシと言う地名が残ってる、徳之島の一部地域では、かまどで火を起こす時使う竹筒の事をショウクシと呼んでる、ただ単にツツと言う処もある、地名にショウクシの名が残るとはどういう事だろうと考えた、地元の人が昔は … 続きを読む

カテゴリー: 歴 史 | コメントする

徳之島の鍛冶その①

徳之島の鍛冶に関しては昭和の鍛冶と古い鍛冶が同等に扱われており、ここでは古い時代の鍛冶を中心に纏めていくつもりです。 上、左の図は泉義正さんによるウガンウスジの地図、それに現在の衛星画像を重ね実際に現地を訪ねてGPSで記 … 続きを読む

カテゴリー: 歴 史 | コメントする