今日は天気も良いし

一気に風景撮影と思い出かけたのですが、残念ながら大気の状態がそれ程良くなく
諦めて帰る途中思い出して、諸田のイジュンの写真を写しに行きました。
一応町史の地域担当で諸田が担当になってるのでついでと思い写しに行きました。
現在このイジュンの名前が解らないので後ほど区長宅でも訪ねる予定です。
私が子供の頃は道と同じ高さにあったイジュンですが、現在は道が高くなり、
単なる側溝のようになっています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

鳥瞰図

今日とある場所で話題になった鳥瞰図これを作るなら断然便利なカシミール3Dが
お勧めです。地形の特徴を強調するため高さを2倍に強調しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

奄美のケンモン

知り合いから奄美のケンモンという本を借りたのでザット目を通してみて、フット
気になる事が出てきた、徳之島何処でも年配の人ならケンムンで話が通る
一種の共通認識があるが、よく考えると私の地元徳和瀬では
ケンムンはポピュラーな名前じゃない、、年配の人は徳にケンムンとは言わない
奄美のケンムンにも徳和瀬と同じ呼び名は出てこない、、何故だろうか?

と言う前に徳和瀬では「ケンムン」の事を「ボウジガミ」と言う、呼び名に関して
先日ラインに流してみたが、何処にもボウジガミは無い不思議と言うしか無い。
何故徳和瀬では「ケンムン」と言わないのか、、

徳和瀬と言えば知る人は知る「首里の衆」と呼ばれる人たちが沖縄から和瀬泊に来たと
なっており、これが事実なら「キジムナ」でも良さそうな気がするけど、
いかにも仏教系の名前のような「ボウジガミ」

まぁ、一部の人たちには怒られるけど、徳之島の系図に多い「首里の衆由来書」本当に沖縄系?
私の母方は義間姓でこの首里の系図の本家になるけど、本家の墓は普通の日本式の墓で
面縄や天城に見られるような琉球系の墓では無い、、

まぁ、島には首里の衆系の家系図に誇りを持ってる人も多く本家筋の私が余り色々書けないけど
その辺の疑問が「ケンムン」の呼び名にも在るとは、、

カテゴリー: ミステリー | コメントする

最新の地質図を組み込み完了

普段整理に使ってる地図ソフトに最新の地質図を組み込みました。
以前は日常やってた事が最近余りしないので、すっかりやり方を忘れていました。
なんとか思い出しながら完成、、これよりこのデーターをタブレットに移行する予定。

カテゴリー: 岩石 | 4件のコメント

久々に記事ベスト15を

久々に記事ベスト15の発表です。私が冗談半分で書いた徳之島の赤土が
ベスト1をキープ、、あれ以来花が咲いていないアオバナハイノキがベスト5入り
タイトルが好きでよく使う失われたシリーズの秋利神線刻画ベスト3
最近解読成功のニュースも在ったヴォイニッチ手稿が10に入りました

①徳之島の赤土の正体を推測する、

②徳之島産(山)コーヒー

失われた秋利神線刻画

④アオバナハイノキ徳之島が北限

⑤olympus stylus tg-3 tough

⑦徳之島の鍛冶その②

2013年に出会ったウミガメ達

⑨琉球のエイサーはミトラ神か?

⑩ヴォイニッチ手稿

ウミガメ撮影用LEDライト

⑫アメリカ同時多発テロ事件2 ペンタゴン編

馬根のシバサシ

⑭XPマシーンの活用

⑮ポイント・プレザント

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント